北海道

札幌美術展 佐藤武

北海道千歳市に生まれ、現在札幌市と石狩市を拠点に活動する佐藤武(1947~)は、1980年代前半より、荒涼とした大地に塔や遺構を配した無人の都市風景を描いている。これらは旅行で訪れたインド西部の城塞都市ジャイプル、とりわけ同地の天文台遺構を着想源とするものである。以来、画家は、都市上空に浮遊する建造物や石棺、光線により崩れゆく塔など、さまざまなモチーフを取り入れて、白いキャンバスに静寂の都市を構築してきた。
本展では、人物像や室内画を手掛けた初期作品をはじめ、作家の代名詞ともいえる、ある一瞬をとらえた都市風景や、上空を切り裂く一筋の線を中心に展開する最新作に至るまでを紹介し、これまでの画家の歩みを振り返る。また絵画のみならず、立体作品や写真、詩をあわせて展示することで、作家の制作に通底する世界観を提示し、多彩な創作活動を続ける作家の全貌に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る