京都府

特別展 畠山記念館の名品─能楽から茶の湯、そして琳派─

公式サイト

畠山記念館は、昭和39年(1964)、株式会社荏原製作所の創業者である 畠山一清(1881~1971)によって東京・白金台の閑静な地に開館した。事業のかたわら、即翁と号して能楽と茶の湯を嗜む数寄者でもあった彼は、長年にわたり熱心に美術品の蒐集に努めた。そのコレクションは、茶道具を中心とする日本、中国、朝鮮半島の古美術品で、国宝6件、重要文化財33件を含む約1300件にも及ぶ。
即翁の蒐集品には、「即翁與衆愛玩」との愛蔵印がある。この言葉には、自らの蒐集品を独占するのではなく、多くの人と共に楽しもうとする即翁の意思を読み取ることができる。
本展は、施設改築工事のため休館している畠山記念館の「與衆愛玩」という即翁の理想を分かち合うために、関西の地において初めて200件をこえるコレクションを紹介する展覧会。即翁の審美眼と美意識に触れ、彼が愛した茶の湯をはじめとした日本文化を末永く伝えていきたいという思いを共有する機会となってほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る