NEW 兵庫県

コレクション展「絵画はつづく、今日にむかって」

美術作品には、作者の思考が刻み込まれている。絵画であれば画家1人ひとりが「何を」「どう」描くか、そして「何がよい絵なのか」という問いを持ち、これに対して出したひとつの答えが作品なのだ。本展では、同館のコレクションの中から絵画作品に焦点をあて、「モチーフ」という視点からその実像に迫る。
「モチーフ」とは風景や人物のモデルなど、絵に描かれる「対象」を指すが、そのほか制作の「動機」、作品の「主題」や「構成要素、構成単位」という意味ももつ。抽象的な絵にも、画家がその絵で目指したモチーフが必ずある。モチーフに迫ることは、画家の設定した絵についての問いと答えに迫ることにつながる。絵画の問題に真摯に向き合う画家の姿は、先の見えない困難のなかにいる現代の私たちにも、前向きな気持ちを与えてくれるのではないだろうか。

開催概要

直前の記事

NEW

開館25周年記念特別展 紀の国わかやま文化祭2021特別連携事業 きのくにの三画人 -脇村兄弟のコレクションとともに―

田辺市立美術館は今年、開館から25周年を迎える。これを記念して、近世画壇で活躍した文人墨客の中でも特に、後世に”紀州の三大文人画家”として名を遺した、祇園南海・桑山玉洲・野呂介石の画業を紹介する特

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る