東京都

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜—モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

公式サイト

約50万点の文化財を所蔵するエルサレムのイスラエル博物館は、印象派も珠玉のコレクションを誇る。本展は同館から、印象派に先駆けたクールベ、コロー、ブーダン、そしてモネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、この流れを発展させたポスト印象派のセザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーガン、さらに印象派の光と色彩の表現を独特の親密な世界に移し変えたナビ派のボナールやヴュイヤールの作品約70点を厳選し、印象派の光の系譜をたどる。
なかでも、睡蓮の連作で有名なモネの《睡蓮の池》は、特に「当たり年」と評される1907年に描かれたもの。この画家全盛期の作品を含めた出品作の大半が、日本初公開となる。

開催概要

直前の記事

国立工芸館石川移転開館1周年記念展 《十二の鷹》と明治の工芸 ―万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿

明治ほど、その工芸から「熱量」が伝わってくる時代はないのではないだろうか。器の表面から飛び出すほどの彫刻的な細工がほどこされた陶器や金属器、まるで生きているかのようにリアルな表情を見せる動物の置物など、私たちの視線をとら

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る