徳島県

特別展 子どものころ

美術作品に表される子どもたちの姿をじっくりと見てみよう。彼らは未体験なことだらけのこの世界で、それぞれが驚き、悩み、考えをめぐらせている。そしてその中には、社会の中で子どもという役割を押しつけられて息苦しそうにしている子がいる。また、大人が持つ子どものイメージと全く違う人格を持っていて、その人格をしっかりと見つめてもらえるのを待っている子もいる。それは現実の子どもたちにも言えることではないだろうか。
本展では、作品の中の子どもたちの姿を通して、今を生きる子どもたちの「子ども時代」をより幸せにするために私たちにできることは何か、問いかける。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る