愛知県

開館25周年記念 特別企画展「至宝 燦めく岡崎の文化財」

1996年に開館した岡崎市美術博物館は、今年で25周年を迎えた。
本展では、四半世紀にわたる当館の活動と最新の研究成果をふまえ、原始・古代から中世までの岡崎の歴史と文化財を紹介する。
南北に貫流する矢作川と、東西をつなぐ東海道。その二つが交差する地にある岡崎は、足利氏と徳川氏二つの将軍家飛躍の地という歴史的特質と、東西の中間点という地理的・地形的特質により、独自の歴史と文化が培われてきた。本展はそれを物語る文化財を一堂に会してご紹介する、当館25年の集大成ともいえる展覧会。なお本展は、紹介すべき資料が多岐多数にわたるため、会期を2部に分け全資料を展示替えを行う。圧倒的な質と量の資料をとおして、一地方自治体の文化財展という枠では収まりきらない歴史のダイナミズムを、ぜひ体感してほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る