大分県

特別展「THIS IS JAPAN 東京富士美術館所蔵 永遠の日本美術」(大分展)

東京・八王子市にある東京富士美術館は、古今東西の絵画・版画・写真・工芸などさまざまなジャンルの優れた美術品約3万点を収蔵する、日本有数の美術館である。
本展は、その多岐にわたる同館のコレクションの中から、わが国固有の美意識が花開いた江戸時代を中心に、厳選した日本美術の名品約60点を紹介する展覧会。狩野派や琳派(伝俵屋宗達・鈴木其一)、奇想派(伊藤若冲・曾我蕭白)、浮世絵(葛飾北斎・歌川広重)、文人画(池大雅・谷文晁)などの絵画をはじめ、工芸や、武具などの多様な分野から、教科書で目にするような名宝、逸品をずらりと展示。「キモカワ」「サムライ」「デザイン」「黄金」「富士山」など日本美術を特色付けるキーワードを通して、その豊饒な世界をわかりやすく楽しんでもらえる展観とする。
「これぞ、日本」と言いたくなる、世界に誇る日本美術の豊かさと、そのエッセンス(真髄)を堪能できる絶好の機会となることだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る