東京都

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌M式「海の幸」-森村泰昌 ワタシガタリの神話

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演である。その第2回目に迎えるのは、森村泰昌。
森村は、1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作して以降、今日に至るまで、古今東西の絵画や写真に表された人物に変装し、独自の解釈を加えて再現する「自画像的作品」をテーマに制作し続けている。
以前から石橋財団の青木繁作品に密かな想いを寄せていた森村が、改めて《海の幸》(1904年)と本格的に向き合い、当作品が制作された明治期以降の日本の文化、政治、思想などの変遷史を“森村式”、略して“M式”「海の幸」として形象化し、青木への熱い想いを新たなる作品シリーズへと昇華させる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る