茨城県

美-響く-コレクション名品選

茨城県近代美術館と茨城県陶芸美術館の所蔵作品から近現代の美術工芸作品、約75点を精選して紹介する。
本展では岡倉天心の指導のもと制作された横山大観、木村武山らの五浦時代の作品の他、中村彝の洋画、板谷波山の陶芸など茨城ゆかりの作家の作品を展示。さらに今回は、ヴラマンクの影響を受けた里見勝蔵、佐伯祐三、エコール・ド・パリの藤田嗣治の洋画をはじめ、京都画壇の日本画、戦後の前衛美術など、幅広い構成となっている。ジャンルを超えた美の響きあいをこの機会に楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

創業200周年記念 フィンレイソン展 ―フィンランドの暮らしに愛され続けたテキスタイル(京都展)

フィンレイソンとは、北欧フィンランドにおいて1820年に創業したテキスタイルの会社であり、この社名をブランドとして寝装具や、室内を彩る多彩なテキスタイルを製作し、フィンランドの家庭に愛用されてきた。本展は2020年に創業

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る