東京都

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

大正から昭和にかけて活躍した版画家・川瀬巴水(1883~1957)の回顧展。巴水は、微風に誘われ、太陽や雲、雨を友として旅に暮らし、庶民の生活が息づく四季折々の風景を生涯描き続けた。それは近代化の波が押し寄せ、街や風景がめまぐるしく変貌していく時代にあって、日本の原風景を求める旅でもあった。その版画制作を支えたのが、浮世絵版画にかわる新しい時代の版画《新版画》を推進した版元の渡邊庄三郎であった。二人の強固な制作欲は、海外にも通用する木版「美」の構築をめざし、今や巴水の風景版画は、郷愁や安らぎをもたらす木版画として多くの人々に愛されている。
本展は、初期から晩年までの木版画作品より、まとめて見る機会の少ないシリーズ(連作)を中心に構成し、巴水の世界へ誘う。伝統木版技術を駆使した詩情豊かな版画群は、都会のしばしのオアシスとなることだろう。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

棟方志功と東北の民藝

東日本大震災により、それまでの平穏な営みが奪われてから10年が経った。本展では、青森に生まれた版画家の棟方志功が東北の地に幸あれと願い制作した「東北経鬼門譜」(1937年)や、郷里への想いを込めた「善知鳥版画巻」(193

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る