香川県

藤島武二と猪熊弦一郎展 サンプリシテとシンプル

藤島武二(1867~1943)は、明治、大正、昭和を通じて白馬会や文展、帝展を舞台に活躍し、日本近代洋画を牽引した一人である。洋の東西を融合した華やかな女性像や、晩年、理想の日の出を求めて描いた簡潔な表現の作品で知られている。同時に1896年に東京美術学校西洋画科助教授に就任して以降、多くの若者の指導にあたり、猪熊弦一郎(1902~1993)もその薫陶を受けて画家の道を歩み始めた。
猪熊は、30代後半での足掛け3年のパリ遊学、50歳を越えてからの約20年に及ぶニューヨークでの活動、その後ハワイと東京での制作と、拠点を変えながら描き続けた。その間、具象画から抽象画へと変化し、晩年には具象と抽象の枠を超えた作品を制作している。
藤島と猪熊の画風は異なるが、ともに重視していたことが「単純化」であった。それぞれ「サンプリシテ」、「シンプル」と言い、複雑なものをいかに簡潔に表すか、描こうとしている本質を表すためには何を取り除いて何を残すか、残したものをどのように組み立てて描くかを常に考えながら制作に取り組んでいる。本展では、二人の初期から晩年までの作品を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る