秋田県

秋田県誕生150年記念 ルーヴル美術館の銅版画展

数多くの名画を所蔵していることで知られる「ルーヴル美術館」。そのコレクションの中には、グラフィック・アート部門があり、その数は10数万点ともいわれている。中でも、特に歴史が深いのは銅版画「カルコグラフィー」である。
ルーヴル美術館のカルコグラフィー室は、ルイ14世の治世下に起こった重要な出来事を世間に広めるために「王の版画原版収集室」として設立された。その後「王立絵画彫刻アカデミー」コレクションと統合し、1797年に「国立カルコグラフィー室」コレクションが誕生した。20世紀に入ると現代作家による新作も加わり、カルコグラフィー室はさらに充実、拡大し続けている。
本展では、ルーヴル美術館カルコグラフィー室が所蔵する貴重な原版の中から、日本での特別公開のために、当時の版を用いて刷られた銅版画コレクションを紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る