福岡県

三沢厚彦 ANIMALS IN KITAKYUSHU

現代日本を代表する彫刻家・三沢厚彦が20年間にわたり手掛けてきた動物の木彫刻シリーズ「ANIMALS(アニマルズ)」。さまざまな動物をモチーフに樟(クスノキ)を等身大に彫りだした作品は、圧倒的な存在感を放ち観る者の心をとらえる。
1961年、京都府に生まれた三沢は、東京藝術大学および同大学院で彫刻を学んだ後、2000年からさまざまな動物をモチーフに、「ANIMALS」シリーズの制作を始める。翌2001年には第20回平櫛田中賞を受賞し、その後は全国各地の美術館で同シリーズが公開されている。会場ごとに演出を変えた展示空間と迫力ある彫刻は、鑑賞者に驚きと感動を与えてきた。2019年には第41回中原悌二郎賞を受賞し、その功績が広く認められた。
卓越した技術に裏付けられた独創的な作品は、生き生きとした表情で生命感を漂わせ、どこかユーモラスで愛らしくもある。近年、麒麟やキメラなど、神話や伝説上の動物にも挑戦し、非再現的な独自の動物表現により新たなリアリティを追求。そうした三沢の作品は、鑑賞者の原風景や広がるイメージを喚起させ、子どもから大人まで幅広い人気を集めている。
本展では「ANIMALS」シリーズの代表作を中心に、初期作品、絵画作品など、魅力溢れる三沢厚彦の世界を紹介。美術の森のなかにある北九州市立美術館(磯崎新設計)と「ANIMALS」のコラボレーションを楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る