富山県

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展(富山展)

東山魁夷(1908~1999)は、静謐で澄み切った叙情性を湛えた風景画で知られる日本画家。戦後の日本画壇で高く評価され、その作品は今なお根強い人気を誇る。
数々の名作を残した東山が、10年もの歳月を費やして完成させた記念碑的大作が、律宗の総本山、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画である。御影堂は唐招提寺を創建した唐の高僧・鑑真和上の尊像を安置するため昭和39(1964)年に建立された。
その障壁画と尊像を納める厨子の制作を受託した東山は、日本の自然と鑑真和上の故郷である中国の風景を、5室の障壁画、全68面に描いた。
本展では、通常非公開となっているこの障壁画を北陸で初めて公開する。部分的に御影堂を再現して障壁画を展示するほか、日本と中国の各地を歩いて描き溜めたスケッチもあわせて展示し、東山魁夷が鑑真和上に捧げた祈りの美の世界を紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2021.09.182021.11.07
  • 会場

  • 観覧料金

    当日一般1,500円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    水曜日(11月3日は開館)、9月21日、11月4日

    ※新型コロナウイルス感染症の状況により変更になる場合あり(開幕日含む)

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話(東京展)

古代エジプトの神話には壮大な生と死のサイクルが描かれていることをご存知だろうか。たとえば黄金の《ミイラ・マスク》には不滅への祈りが秘められている。 本展では、そんな古代エジプトの人たちの「天地創造と終焉の物語」を、ドイツ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る