埼玉県

美男におわす(埼玉展)

「美男におわす」は、絵画をはじめとする日本の視覚文化に表された美少年、美青年のイメージを追い、人々が理想の男性像に何を求めてきたかを探る試みである。
日本美術史において「美人画」とよばれることの多い女性像は、江戸時代の浮世絵や近代絵画において隆盛をきわめ、現在も高い人気を誇っている。一方、男性像に目を向けると、その時々の社会情勢や流行、男性観などが反映された作品が数多く存在するものの、「美男画」といった呼称でひとくくりにされることはなかった。
与謝野晶子が鎌倉の大仏の姿に自分なりの「美男」を見いだしたように、人々は男性像に理想を投影し、心をときめかせてきた。あるときは聖なる存在として、またあるときは憧れのヒーローとして、あるいは性愛の対象として、さまざまな男性像が制作され、受容されてきたといえる。
しかしながら、美術史の分野において、男性を美しいものとして表現すること、見ること、そして語ることには、まだ十分な光が当たっているとはいえない。ライフスタイルや嗜好が多様化した現在、果たして「美男画」との出逢いはどのようなものになるのだろうか。
いざ、増殖する美男の園へ。美男をめぐる旅をはじめよう。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート(東京展)

英国王立植物園「キューガーデン」はユネスコ世界遺産に登録され、22万点を超えるボタニカルアートを所蔵する世界最大級の植物園である。 はじまりは、1759年にジョージ3世の母であるオーガスタ皇太子妃がロンドン南西部に造った

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る