島根県

河井寬次郎と島根の民藝ー手がつくる、親しいかたちー

大正から昭和にかけて活躍した陶芸家・河井寬次郎(1890~1966)は、島根県安来市出身。京都を拠点に、初期から晩年まで様々な釉薬や制作技法を駆使し、多彩な作品を創り出した。
河井は、柳宗悦(1889~1961、思想家・宗教哲学者)や濱田庄司(1894~1978、陶芸家)らとともに「民藝運動」を興したことでも知られている。当時、民衆の手仕事による工藝品は「下手物」と呼ばれ、評価されていなかったが、河井たちは「下手物」に美しさを見出し、代わる呼び名として「民衆的工藝」略して「民藝」という言葉をつくった。その後は、各地で民藝品の調査・蒐集を行うとともに、民藝という美の概念を人々に訴えた。
本展では、河井寬次郎の初期から晩年までの仕事を、島根県立美術館(松江市)のコレクションからたどる。あわせて、民藝運動を全国に推進した作家たちの作品や、島根の民藝についても紹介。河井の豊かな造形と、ご当地ならではの手仕事の魅力を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る