埼玉県

企画展「暁翠作品展―花鳥風月、そして美人―」展

河鍋暁斎(1831~1889)の娘で、日本画家の河鍋暁翠(きょうすい、1868~1935)による作品展を開催。暁翠は、数え5歳から暁斎の教えを受け始め、女流画家として活動を続け、明治35年(1902)には現在の女子美術大学で日本画の指導者として後進を育んだ。企画展では、暁翠による作品はもちろん、暁斎と暁翠が描いた同じ画題の作品を並べ、それぞれの画風や特徴も紹介する。
同時開催となる特別展「暁翠の弟子 小熊忠一氏寄贈作品展」は、暁翠の弟子であった故・小熊忠一氏(号・暁谷)が所蔵され、ご子孫によって当館へ寄贈いただいた暁斎・暁翠の作品を紹介する。

開催概要

直前の記事

幾何学が拓く新しい折り紙の世界展

※8⽉24⽇(火)から9⽉12⽇(日)まで休館 「正方形の紙のカドとカドをあわせるようにして、まっすぐな線で平らに折る」 折り紙の第一歩は、このようにして始まります。 しかし、それだけが折り紙ではありません。「曲線で折る

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る