福島県

郡山の美術とであう

本展では、郡山市立美術館のコレクションを通して、作品の技法と素材に着目する。表現と密接にかかわる筆づかいや、素材の持ち味が豊かに感じられる所蔵品を選りすぐり、現在郡山を中心に活躍する作家の作品とあわせて展示。ぜひ実際の作品を見て、さまざまな技法と素材がかたちづくる質感の魅力を発見してほしい。
「郡山の美術とであう」――本展の前半部分では、長きにわたり広く地域の文化発展に貢献した、横田治右衛門(1880~1958)のコレクションを展示。郡山の旧家に生まれた横田は、東京で洋画を学ぶなど美術に造詣が深く、家業を営みながら同時代の画家たちと交流し、多くの美術品を収集した。また、大正期から美術雑誌『美術春秋』の発行に力を注いだほか、郡山における美術運動の推進に大きな刺激を与えた。明治期に郡山に滞在して絵筆をふるった春日光親(鉄山)をはじめ、横田がであい、愛蔵した美術品の一部を紹介する。

開催概要

直前の記事

アートギャラリー北海道 北海道銀行創立70周年 道銀文化財団創立30周年記念 北海道銀行コレクション

北海道銀行は、初代頭取・島本融による文化振興への強い志のもと、設立当初から木田金次郎をはじめとする北海道ゆかりの作家を支援するメセナ活動を行ってきた。 本展は、北海道銀行の有数のコレクションから、伊藤廉など独立美術協会の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る