大阪府

千四百年御聖忌記念特別展  聖徳太子 日出づる処の天子(大阪展)

公式サイト

令和4年(2022)、聖徳太子が没して1400年目を迎える。
聖徳太子ゆかりの寺院では、聖霊会をはじめ太子の偉業を偲ぶ大規模な法会が催される。このような100年に一度の節目にあわせ、聖徳太子の生涯をたどり、没後の聖徳太子信仰の広がりを紹介する展覧会を企画した。
用明天皇の皇子として生まれた聖徳太子(574~622)は、推古天皇の摂政として十七条憲法の制定や遣隋使の派遣など国家体制の確立に大きく貢献すると共に、大阪・四天王寺や奈良・法隆寺の創建に代表されるように仏教を篤く信奉し、現在まで続く日本仏教の礎を築いた。
誰もが知っている聖徳太子だが、その生涯の事跡についてどれほどの人が記憶しているだろうか。あるいは、最澄や親鸞をはじめとする日本仏教諸宗の名だたる開祖・祖師は、なぜ聖徳太子を自派の拠りどころとして讃仰したのか。聖徳太子ゆかりの寺院は、なぜ1400年もの長きにわたり参詣が絶えないのだろうか。
こうした「聖徳太子とは何か」という問いを解くべく、太子生涯の事跡を描いた「太子絵伝」や成長する年齢ごとに表された「太子像」をはじめ、聖徳太子に関わる美術の全貌を、太子が推古天皇元年(593)に創建し常に聖徳太子信仰の中核を担ってきた大阪・四天王寺所蔵の作品を中心に紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る