神奈川県

生誕110年 香月泰男展

太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いたシベリア・シリーズで、戦後洋画史に確固たる地位を築いた香月泰男(1911~1974)。東京美術学校(現・東京藝術大学)時代から最晩年まで、シベリア・シリーズ全57点を含む各年代の代表作を制作年順に紹介し、香月泰男の画業の全容をたどる。
1931年、香月は東京美術学校に入学し、ファン・ゴッホや梅原龍三郎などの先達にならいながら自身のスタイルを模索した。従軍とシベリア抑留を経て復員した1947年以降は、折に触れて大陸での体験を主題に制作したが、一方で台所の食材や庭の草花など身の回りのモチーフも色彩豊かに描いた。1950年代前半には色彩と形態、材料における試行錯誤を繰り返し、1950年代後半に後期の作品を特徴づける黒色と黄土色の重厚な画風に到達した香月は、その画風で太平洋戦争とシベリア抑留の体験を主題とする作品を描き、「シベリアの画家」としての評価を確立。
本展では、一大叙事詩として読み取られることの多いシベリア・シリーズを解体し、同時期に制作された他の作品とあわせて展覧することで、画家の創作活動における同シリーズの位置づけを再検証し、香月の芸術の多彩な魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る