東京都

蜷川実花展 -虚構と現実の間に-(東京展)

公式サイト

写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活動をしている蜷川実花。本展では、「虚構と現実」をテーマにアーティストの写真の本質に迫る。色鮮やかな花々を撮影した《永遠の花》や《桜》をはじめ、著名人やスポーツ選手を撮影した《Portraits of the Time》、新境地となった《うつくしい日々》など、多様な方向から制作された作品が一堂に会す。表現のジャンルを限定することなく時代の先端を鮮烈に示し続ける”蜷川実花”の作品世界を全身で体感できる、またとない機会となることだろう。なお2018年から始まり全国10会場の巡回の集大成として、東京会場では、新たな写真、映像、インスタレーションが加わり、さらにスケールアップした内容になっている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る