大阪府

特別展 土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性―

平成30年度に開催した特別展「土佐派と住吉派-やまと絵の荘重と軽妙-」に引き続き、江戸時代前期から幕末にわたるやまと絵の系譜を、土佐派と住吉派を中心に紹介。
江戸時代前期から後期のやまと絵の展開を辿り、両派の全体像を展覧する。それとともに、同時代に狩野派や円山派、四条派、文人画派、琳派などの絵師たちが活躍する中で、土佐派、住吉派の活動がどのように伝統的なやまと絵の継承を行ってきたのか、またこれらの画派の絵師が美術史に占める位置や役割、流派の意義などを考える。本展によって、現在では江戸時代絵画史からいわば忘れられてきたやまと絵画派の特性が浮かび上がり、広く認識していただく契機になることを目指す。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る