静岡県

静岡新聞社80周年・静岡放送70周年記念 生誕160年記念 グランマ・モーゼス展 ―素敵な100年人生(静岡展)

グランマ・モーゼスの愛称で親しまれるアンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス(1860~1961)は、70代で本格的に絵筆を取り、101歳で亡くなる年まで1,600点以上の作品を遺した。
モーゼスは、生涯をアメリカ北東部の農村で暮らした経験をもとに、四季の移ろいや日々の仕事、季節ごとの行事などを、豊かな色彩と素朴な筆致で詳細に描き出す。これらの絵は偶然、村を訪れたコレクターの目に留まり、1940年、80歳の時にニューヨークで初個展を開いた。米国各地で展覧会を開催し、当時の大統領トルーマンより表彰を受けるなど国民的画家となってからも堅実な暮らしぶりは変わらず、日々を喜びに満ちたものにしようと生きた農村の人々の暮らしを描き続けた。
日本で開催される16年ぶりの回顧展となる本展では、最初期の油彩画から100歳で描いた絶筆、愛用品や関連資料など、日本初公開を含む約130点を紹介。当時、大恐慌や戦争を経験し、疲弊していたアメリカの人々の心を捉えた作品は、今を生きる私たちにも温かく、力強いメッセージを投げかけてくることだろう。

開催概要

  • 会期

    2021.09.142021.11.07
  • 会場

    静岡市美術館
    https://www.shizubi.jp/
    静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F
  • 観覧料金

    当日一般1,300円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(9月20日は開館)、9月21日

    ※新型コロナウイルス感染症の状況により変更になる場合あり

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

核兵器禁止条約発効記念事業 第25回平和美術展 四國五郎 平和へのメッセージ~シベリアからヒロシマへ

人類史上初めて広島に原爆が投下されて76年。核兵器の恐怖と、その非人道性を知る私たちは、核兵器廃絶、そして真の恒久平和を訴え続けていかなければならない。その一つの方策として、はつかいち美術ギャラリーでは開館以来毎年、美術

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る