岡山県

いろ◆色◆夢二

大正ロマンを代表する詩人画家・竹久夢二(1884~1934)の日本画や油彩画、挿絵、版画、デザイン、詩文など多彩な作品の中で表現された“色”の魅力は、夢二作品の重要な要素の一つとなっている。ふるさとでのこども時代、自分の眼で見た自然を表現することを覚えた夢二は、自らの審美眼で理想の色を追求し続けた。晩年「自分一生涯に於ける総くくりの女だ」と語った美人画の集大成の作品《立田姫》の印象的な赤の表現に至るまで、夢二の色への感覚はいかに研ぎ澄まされていったのか。夢二の肉筆作品や版画などの繊細な色遣い、書き残した文章や詩などをヒントに夢二の色の魅力と秘密に迫る。
本展ではモダンな色彩の夢二式浮世絵ともいえる《治兵衛》など夢二が情熱を注いだ版画作品や、墨と胡粉のみで可憐な舞妓を描いた《大徳寺》などの肉筆作品の美麗な表現を紹介。
また、サンフランシスコの日系人向け邦字新聞「日米」(鶴谷壽氏寄贈)に夢二がスケッチと紀行文を連載した「I Came I Saw」や、外遊先で描き2015年に同館に里帰りした幻の油彩画《西海岸の裸婦》など、晩年の夢二が外遊先でたどりついた新たな表現にも注目する。

開催概要

直前の記事

特別展 土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性―

平成30年度に開催した特別展「土佐派と住吉派-やまと絵の荘重と軽妙-」に引き続き、江戸時代前期から幕末にわたるやまと絵の系譜を、土佐派と住吉派を中心に紹介。 江戸時代前期から後期のやまと絵の展開を辿り、両派の全体像を展覧

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る