東京都

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント(東京展)

公式サイト

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)の芸術に魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869~1939)。ヘレーネは、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年で、鉄鉱業と海運業で財をなした夫アントンとともに90点を超える油剤画と約180点の素描・版画を収集した。ファン・ゴッホの芸術に深い精神性を見出したヘレーネは、その感動を多くの人々と分かち合うべく、生涯にわたり美術館の設立に情熱を注いだ。
本展では、クレラー=ミュラー美術館からファン・ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点を展示。また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの絵画20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどる、ヘレーネの類まれなコレクションを紹介する。
さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目する。

開催概要

直前の記事

特別展 生誕100年 滝平二郎展 ~ものがたりを描いた画家

本年は「モチモチの木」など著名絵本の挿絵でも知られ、秋田にもゆかりある作家・滝平二郎の生誕100年となる。 「物語と人間が好きだ」と語った滝平は、一貫して人間とその生にまつわる物語を主題とし、見事な手腕で絵画可してきた。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る