愛知県

フランソワ・ポンポン展(愛知展)

公式サイト

シンプルで丸みをおびた形がなんとも愛らしい動物たち。今から100年ほど前に、魅力的な動物彫刻の数々を生み出したのは、《考える人》で有名なロダンのアトリエで工房長をつとめたこともあるフランスの彫刻家、フランソワ・ポンポン(1855~1933)。ポンポンは入念な観察にもとづいて、動物の体つきや動きの核心をつかみ、形を磨き上げることでその魅力をひき出した。そんなポンポンの作品が約90点、オルセー美術館などフランスの美術館や群馬県立館林美術館からやってくる。
本展は、《シロクマ》や《大黒豹》などの代表作をはじめ幅広い作品を紹介し、その生涯と作風の変遷をたどる、ポンポンの日本初の回顧展となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る