愛知県

特別展「生誕100年 回顧展 石本 正」(愛知展)

公式サイト

1920(大正9)年、現在の島根県浜田市三隅町に生まれた日本画家・石本正(1920~2015)。京都を拠点としながら創造美術に参加、後には代表的な作品テーマとなった「舞妓」、「裸婦」に見られる体温や肌の質感、精神性を感じさせる人体表現が高く評価された。この度、2020年の生誕100年を記念し、画家の全画業を紹介する初の大回顧展を開催。本展では、これまで門外不出とされてきた浜田市立石正美術館の所蔵作品を中心に、石本の青年時代から最晩年までの75年におよぶ画業の全貌を代表作から辿る。さらに絶筆となった《舞妓》、新たにアトリエから見つかった素描のほか、文豪・川端康成との親交を示す挿絵などの初出資料も展示。地位や名声を求めず、最期の瞬間まで絵画一筋に生きた石本の生涯と創作の原点を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る