岡山県

草間喆雄 美しき色彩のコンポジション

日本のファイバーアートの第一人者である草間喆雄(1946~)は、武蔵野美術大学を卒業後、京都川島織物に就職し、そこで当時欧米を中心に胎動した新しい〈織〉の造形を知り渡米。クランブルックアカデミーオブアート大学院に学び、1970年代から日米を行き来しながら、ローザンヌ・タペストリービエンナーレ展等に出品を重ねるとともに、ホールや病院など公共空間へ作品を設置するなど、積極的にパブリックアートとしての可能性を追求した。近年では中国・国際ファイバーアートビエンナーレで連続受賞するなど、国際的にも高く評価されている。
岡山県には、1993年岡山県立大学の開学に伴い来住、2011年退官まで指導者として後進の育成に尽力し、現在は岡山県赤磐市の工房で創作活動を続けている。
草間は鮮明で美しい色糸を用い、立体的に構築した織作品、細いワイヤにコイリングし束ねあわせた作品、あるいは小さな丸いフェルトを重ねてピン打ちした作品など、いずれもあふれ出る美しい色と色の響き合いが魅力。本展は、50年にわたる草間の創作活動を主要な作品で振り返るもので、繊細かつダイナミックな作品世界を楽しめる。

*緊急事態措置を受けて開幕日が9月8日から10月1日に変更。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る