高知県

第93回企画展 美術の森へようこそ Returns

本展は、令和2年2月8日から3月22日までの会期ではじまったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館を余儀無くされ残念な結果となった。その後、本展を見たかったという声が数多く寄せられたことから再度、企画が実現。
今回は同館の収蔵作品のみで構成する。内容が若干変更になったことで新たな魅力も生まれた。坂上貞宣の「緑の羽音」は、まさに展覧会のタイトルにぴったりの作品で、寺尾孝志の「夏」も森にたたずむ少女が魅力的な作品。ウイスル感染に負けず、再挑戦する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る