京都府

発見された日本の風景 美しかりし明治への旅

幕末から明治にかけて大勢の外国人画家たちが日本を訪れ、日本の美しい風景や珍しい風俗を描き、それを故郷への土産にした。日本人画家たちはその影響を受け、その画技を学びながら、外国人に見せたい日本の風景や風俗を描いてはそれを外国人に土産として販売し、あるいは留学先で販売して資金にした。こうして明治の日本を表現した油彩画や水彩画は永らく海外で愛好されてきた。
本展では、そのような作品を海外で収集し、帰国させた個人蔵の明治絵画コレクションを紹介。大部分が初公開となるそれらの作品には、外国人が見た明治の日本、外国人へ見せたかった明治の日本が描かれている。それらは現代の日本人にとっても新鮮に映ることだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る