岡山県

江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画 -幻の東海道五拾三次-

ゴッホやモネなど近代ヨーロッパの画家に多大な影響を与えた歌川広重の浮世絵版画「東海道五拾三次」と、その東海道の宿場町 大津で旅人に売られた土産絵「大津絵」の展覧会を開催。浮世絵版画は江戸時代の庶民が主として鑑賞目的で楽しんだものだが、大津絵は旅人が知人への土産物として、あるいは自分用に購入した日用品に近い存在であった。ともに江戸庶民の美意識が色濃く反映されたものと言える。
本展では、幻の東海道五拾三次と言われた丸清版五拾三次55点と現地写真55点に加えて、近年新たに発見された画家 小絲源太郎旧蔵の大津絵など35点を展示し、江戸庶民の美を展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る