東京都

藝大コレクション展 2021 II期 東京美術学校の図案―大戦前の卒業制作を中心に

京藝術大学が所蔵する「藝大コレクション」の核となるのは、教材として収集された古美術と教育成果の結果である学生制作品で、いずれも日本近現代美術史において重要な作品・資料である。
コレクション展II期では、東京美術学校の図案科(現在のデザイン科・建築科の前身)の学生による卒業制作を特集。今回展示する作品の多くは、大学美術館開館以降では初展示するものであり、日本画・油画とは異なる造形表現を持つ図案化作品の知られざる一面に注目する。
本展では、図案科の卒業制作を中心に、重要文化財の尾形光琳《槇楓図屏風》、能装束の図案など日本古来の図案要素から近年の卒業制作にいたるまで、本学のコレクションを「図案」「デザイン」という観点から紹介する。

開催概要

直前の記事

企画展 能 Noh~秋色モード~

室町時代初期に猿楽を原型として大成された能楽は、今なお演じられる日本の貴重な伝統芸能。近世以降は瀑布屋大名の保護を受けて、「武家の式楽」として重んじられ、発展してきた。 同館では、因州(鳥取藩)池田家旧蔵の「能面」と、備

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る