山形県

つくる展 -TASKOファクトリーのひらめきをかたちに-(山形展)

世界一、世界最強とも言われている日本のものづくりを、さらに元気にしているアートファクトリー「TASKO」(タスコ)。彼らのユニークな発想力と優れた技術力は、これまで様々な企業やアーティスト、デザイナーとのアイデアをカタチに、幅広い分野で多くの作品を手がけてきた。
本展では、現代アートとして見応え充分でありながら、ものづくりにおける「つくる」にスポットをあて、TASKOがこれまでに制作してきた作品に加えて、新たにオリジナルで制作したものなどを展示し、多様な視点でものづくりの魅力を紹介する。
TASKOの作品を通して、使われている部品、しくみやしかけ、「ひらめきをかたちに」変えた背景、エピソードから感じるものづくりの不思議、おもしろさ、楽しさに興味関心を持つことで、想像力、発想力、創造力が刺激され、きっとワクワクしてくるはずだ。
「つくる」ってどういうことなのかを理解し、「どうつくる?」を考え、「つくりたくなる!」きっかけを見つけられる展覧会。

開催概要

直前の記事

華麗なるベル・エポック フランス・モダン・ポスター展 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館コレクション

19世紀末から20世紀初頭にかけてのフランスは、産業革命によって人々の生活が一変した。大都市には商品があふれかえり、バーやキャバレー、オペラや観劇などの大衆文化も栄え、多くの人々がモダン・ライフを満喫した。この時代は、豊

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る