東京都

はしもとみお 木彫展 いきものたちの交差点(東京展)

楠から様々な動物の肖像彫刻をつくる彫刻家・はしもとみお。その彫刻は単なる動物像ではなく、「今生きている」もしくは「生きていた」特定のいきものたちの姿だ。
幼い頃から獣医を志していたはしもとだが、阪神淡路大震災で被災し、震災で亡くなった動物たちを目の当たりにしたことで「命とは何か」と考え、「輪郭を保つもの」だと思い至る。以降、失った命の形や今生きている動物たちの美しい姿をありのままに残すため美術の道へと進み、「動物の命」をテーマに制作を続けている。あるがままの命をそのまま楠から彫り出された彫刻たちは、ただの型取りではなく、温もりと愛らしさ、そして今にも動き出しそうなほどの生命感に溢れている。
本展では、制作のために描かれたスケッチもあわせて紹介。はしもとの、命あるものへと注がれたあたたかな眼差しと、「生」と「死」という深遠なテーマに向き合う真摯な思いを感じることができる。動物肖像彫刻を通して、それぞれの命の持つ形の美しさを味わってほしい。

開催概要

直前の記事

華邨の心と書の世界

華邨は名蹟を見て臨書することは単なる模倣ではなく、自分の目の中に美が誕生する創作的営為であり、このような美が自分の中に蓄積されることを「書的地盤」と呼びました。こうした豊かな「書的地盤」に加えて宗教・哲学・思想に裏打ちさ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る