千葉県

千葉の新進作家vol.2 100%ORANGE オレンジ・ジュース

千葉県ゆかりの新進気鋭の作家を紹介し、同時代の美術に親しむ展覧会シリーズ。今年度は千葉県出身の及川賢治、竹内繭子によるイラストレーターユニット・100%ORANGEを紹介する。
2人は1990年代半ばから活動を始め、瞬く間に書籍や広告などのイラストレーションを手がけるようになった。なかでも2000年代に発表され、新潮社の「Yonda?」に登場する愛らしいパンダのキャラクターが記憶に残っている方も多くいることだろう。現在は絵本や漫画、アニメーションへと創作の場を広げている。かわいらしくどこか懐かしい100%ORANGEの作品の多くは、味わいのある輪郭線とあざやかな色面によって構成されている。
2人の仕事は家庭用シルクスクリーンの印刷機を使ったポストカードの制作から始まっており、版画ならではの線と色の関係性に由来するものかもしれない。現在は鉛筆やペン、水彩絵具やアクリル絵具などさまざまな画材を用いているが、輪郭線と色面から生まれるイメージはますます魅力を増している。また、及川と竹内は印刷物やプロダクトなど、私たちの生活に届いたときの完成度にこだわって制作を続けてきた。
本展では書籍やグッズなどの現物と、それらを生みだしてきた原画を同時に展示。100%ORANGEの多彩な仕事を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る