愛知県

近代日本の礎となった 明治・大正の焼き物

明治政府は明治6年(1873)、オーストリアのウィーンで開催された万国博覧会に初めて公式参加し、日本は近代国家として国際的なデビューを果たした。東洋的な珍しい品々や、精巧な美術工芸品が出品されて西洋にジャポニズム(日本趣味のブーム)を引き起こし、陶磁器は外貨獲得のための重要な輸出品に位置づけられた。また、アール・ヌーヴォーなどの流行の変化にも対応していき、世界を魅了。しかし、その後100年ほどの間に記憶や記録が失われ、国内での残存数も少ないため、輸出陶磁器の実態は解明されていない。
本展では里帰りした明治・大正時代の輸出陶磁器を中心に展示し、近代日本の礎に大きく貢献した足跡の一端を紹介する。

開催概要

直前の記事

MARVEL STUDIOS:A UNIVERSE OF HEROES マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ(愛知展)

『アイアンマン』(2008)を皮切りに、同一の世界観で様々なヒーローたちのストーリーをクロスオーバーさせるコンセプトのもと、大ヒットを連発してきたマーベル・スタジオ。 2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る