宮城県

生誕110年 香月泰男展

山口県三隅村(現・長門市)に生まれた香月泰男(1911~1974)は、東京美術学校で学び、国画会から画壇に出た。澄んだ色彩と独特の叙情性をもつ絵画が注目され始めた矢先、召集を受けて満州へ従軍。敗戦後にシベリア抑留に遭った香月は、多くの戦友を失った過酷な環境を生き延び、1947年に復員した。
復員後の香月は、故郷を離れることなく、戦争と抑留の体験を元にした「シベリア・シリーズ」に取り組み、亡くなるまでに57点を描き上げた。黒と黄褐色の重厚な画面に刻まれた、極限状態の苦痛、鎮魂と望郷の思い、厳しくも鮮烈な自然の美しさは、今なお深い衝撃と感動をもたらしてやまない。
本展は、東北に「シベリア・シリーズ」全点が揃う初めての機会となる。香月の体験順に沿って紹介されるのが一般的ですが、実は制作の順序は全く異なる。今回は物語を解体し、他の作品と併せて制作順に展覧することで、シリーズの位置づけを再検証する。また、詩情豊かな初期作品や、身近なモティーフを愛情込めて描いた作品など、「シベリアの画家」に留まらない香月の多彩な魅力を紹介し、その造形とメッセージの本質に迫る。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る