福井県

写真展 オードリー・スタイル 飾らない生き方(福井展)

1929年にベルギーで生まれたオードリー・ヘプバーン。バレリーナを夢見ていたが、ハリウッド映画「ローマの休日」の王女に抜擢され、気品に満ちたプリンセスを可憐に演じ、スターの道を歩きはじめた。女優としてはもちろんのこと、くるぶし丈のサブリナパンツやフラットシューズ、シンプルなブラックドレスなど、オードリーは新しい時代をリードするファッションアイコンとなり、誰もが彼女の魅力に夢中になった。晩年はユニセフ親善大使として厳しい環境に生きる子どもたちへの援助活動にも貢献した。
女優として、女性として、母として、ひとりの人間として、オードリーの信念ある生き方は、今も多くの人の共感を得ている。
本展では、オードリー・ヘプバーン(1929~1993)の飾らない生き方を著名な写真家の作品を中心に約130点の写真で展観する。

開催概要

直前の記事

御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技ー(新潟展)

正倉院宝物とは、奈良・東大寺の倉であった正倉院正倉に伝えられた約九千件におよぶ品々。聖武天皇ゆかりの品をはじめ、その多くが奈良時代の作で、天平文化華やかなりし当時の東西交流もうかがい知ることができる。しかし、約1300年

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る