石川県

黄金期の浮世絵 歌麿とその時代展 -美人画と役者絵

錦絵が最も華やかに展開した天明・寛政期(1781~1801)、この浮世絵黄金期に活躍したのが美人画で一世を風靡した絵師・喜多川歌麿(1753?~1806)である。歌麿は背景に雲母摺りを施した豪華な錦絵や、女性の顔をクローズアップして表情豊かに表現した「美人大首絵」などで注目を集め、繊細な描写による美しい仕草や、粋でオシャレな出で立ちをした女性像は、たちまち大人気となった。
また、同時期に美人画と並び人気を博したのが役者絵で、役者の一瞬の表情を大胆に捉えた東洲斎写楽(生没年不詳)や、歌舞伎ファンの理想をかなえた歌川豊国(1769~1825)らが、その代表格絵師として挙げられる。写楽や豊国の役者絵は、今でいう人気タレントのブロマイドとして、庶民がこぞって買い求めた。
本展では、第1章《歌麿とその弟子たち》、第2章《栄之とその門人》、第3章《美人画の流れ-黄金期の浮世絵 天明・寛政期を中心として》、第4章《美人画の流れ-爛熟の化政文化 文化・文政期を中心として》、第5章《役者絵》、第6章《肉筆画》の6章構成で、歌麿とその弟子をはじめ、鳥居清長や烏文斎栄之、謎の絵師・写楽、春章らの勝川派や豊国率いる歌川派など、個性豊かな浮世絵師らによる美人画と役者絵に、肉筆画を含めた135点を一堂に展覧する。
本展は去年夏に開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、約1年延期しての開催となった。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る