栃木県

収蔵企画展「みやび ―古典の華やぎ―」

今も昔も人々を魅了する雅やかな王朝文化。その美意識と伝統は「古典」として受け継がれ、日本美術を華やかに彩ってきた。この展覧会では、いにしえの王朝時代より語り継がれてきた物語や詠まれてきた和歌、宮中儀式で演じられた舞楽や貴族の暮らしで楽しまれた年中行事など、古典に取材した近世から現代までの絵画・工芸作品を中心に展示し、日本の文化・美術における古典の継承とその華やぎを展覧する。また丑年の今年は、市内の朝日森天満宮にて式年祭が執り行われる年に当たる。それを記念し、同社の宝物を特別出展した天神様にまつわる美術もあわせて紹介。千年来愛され親しまれてきた典雅な美の競演を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る