和歌山県

特別展 生誕120年 高橋周桑 -モダンとロマン-

速水御舟を敬慕して師事し、日本美術院で頭角を現した後、戦後の新しい日本画表現を追求して創造美術(現・創画会)の結成とその活動に参画した画家、高橋周桑(1900~1964)の芸術を回顧する特別展を開催する。
周桑は、現在の愛媛県西条市に生まれ、幼少期に一家で九州に移住した。炭鉱や農園での労働に従事するかたわらで接した、御舟の作品評と作品図版に感銘を受け、弟子入りを志願する手紙を送り続けて、20歳のときに上京して入門を許される。御舟と生活をともにして修業を重ね、順調に画家としての歩みを進めた周桑は、やがてモダンな感覚を日本画に取り入れてゆくことを志向して注目されるようになる。1935(昭和10)年に御舟が40歳の若さで没してからは、他に師事することなく独自の道を歩んだ。1948(昭和23)年には、山本丘人、福田豊四郎、上村松篁ら、主に官展で活躍していた同志の画家たちと創造美術を旗揚げして日本美術院を離脱し、新しい時代の日本画創造を目指した。
近代的な造形と情感の表出とを結びつけることに腐心した高橋周桑の制作を、約40点の作品によって振り返る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る