東京都

没後20年 まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!

絵本「11ぴきのねこ」シリーズで知られる漫画家・馬場のぼる(1927~2001)を、様々な側面から紹介する展覧会を開催する。
馬場は青森県三戸町に生まれ、1949年漫画家を目指して上京。1950年には少年誌でいち早く連載漫画を手がけ、手塚治虫、福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれるほどの人気を博した。児童漫画界の主流が活劇モノに変化し始めると、大人向けの漫画雑誌に連載しながら、徐々に絵本の世界に活動の場を移す。1967年に刊行された『11ぴきのねこ』(こぐま社)はロングセラーとなり、現在まで絵本のみならずキャラクターグッズや人形劇など様々な媒体を通し、世代を超えて愛されている。
馬場は1952年から亡くなるまで約50年間練馬区に居住した、地域ゆかりの作家でもある。自宅には膨大な日記やスケッチブックが残されていた。これら資料の中からは、街で見かけた人々や庭の花、新作のアイディアなど、日々の視点や試行錯誤の跡が垣間見られる。
本展では、絵本や漫画の仕事を紹介するとともに、50年分のスケッチブックや、楽しみのために制作した絵画、立体作品、また交友関係などを紹介し、人としての馬場のぼるにまるごと焦点を当てる。「描いてつくって楽しんだ」一人の漫画家の軌跡を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る