東京都

三井記念美術館コレクション名品展 自然が彩る かたちとこころ

東洋・日本美術に表されたさまざまな「自然のすがた」をテーマに、三井記念美術館コレクションの中から選りすぐりの名品を紹介する。
「自然」といえば、山・川・海がつくる地形、雨・雪・雷・雲・風などの気象、樹木・草花・動物・虫などの動植物といったように、多くの事物や現象がイメージされる。本展では、これらの「自然」がどのように美術に表現されているのか、色々な角度からアプローチする。
例えば、絵画や調度品では、四季や物語にみる美しい情景の一瞬を捉えたり、自然に溢れた理想の世界を想像したり、自然物をリアルに表現したりする試みが行われてきた。さらに、茶道具などには、自然のモチーフをデザイン化したり、造形や色を自然にたとえたりするなど、趣向を凝らした表現方法を見ることができる。こうした多彩な「自然のすがた」から、作品の背景にある人々の豊かな感性や創意工夫を感じ取ることができる。
雪の煌めき、水の流れ、風の音、雲の動き、草花や樹木の表情……「自然」というフィルターを通して作品を鑑賞してみると、作品がひと味違う姿で目の前に現われるはず。「自然」が彩る「かたち」と「こころ」を是非楽しんでほしい。
三井記念美術館は本展終了後、リニューアル工事のため 2022年4月下旬(予定)まで休館となる。同館のコレクションと対面することのできる、休館前最後の貴重な機会となる。

開催概要

直前の記事

妄想公園

頭の中だけにある、想像・空想、そして妄想の世界。 非現実的な妄想は、時に現実世界とは違うもうひとつの世界がそこに存在しているかのような錯覚を抱かせてくれる。それは人々の希望となり、現実世界を理想に近づけようとする原動力に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る