東京都

MOTコレクション Journals 日々、記す  特別展示:マーク・マンダース 保管と展示

「MOTコレクション」展では、戦後美術を中心とする同館の収蔵作品、約5500点の中から、会期ごとに様々なテーマや切口を設けて作品を展示し、現代美術の持つ魅力を発信している。
今回、1階では、「Journals 日々、記す」と題し、私たちの生活を一変させたコロナ禍や災害、世界規模で開催されてきたオリンピック、なにげない日常などを背景に日々制作された作品を、多様な作家たちによるアンソロジーのように構成、展示。Chim↑Pomが緊急事態宣言下の東京を舞台にした新収蔵作品や、大岩オスカールがNYでの隔離生活中に制作した新作版画とオリンピックに関わる3都市(リオ・デ・ジャネイロ、東京、パリ)を描いた大作(いずれも特別出品)のほか、蜷川実花、島袋道浩、竹内公太、三宅砂織、照屋勇賢、河原温などによる約70点で、私たちの生きる社会や日常を照らし出す。
3階ではマーク・マンダースによるインスタレーション「保管と展示」を公開する。本年6月まで同館で開催していた個展「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」がコロナ禍により開催期間短縮となったことを受け、このたび作家・所蔵者をはじめ各所の協力により、作品返却までの間、同展の出品作品の一部を同館所蔵作品を軸とした全く異なる構成で紹介する特別展示が実現することとなった。作家本人のディレクションによる新たな鑑賞体験は、マンダース芸術に深く親しむためのまたとない機会となるだろう。様々な角度から「現在」を映し出す、今回のMOTコレクション、2フロアを是非堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

武蔵野アール・ブリュット2021 みる・つくる・つながる

アール・ブリュットとは、「生(き)の芸術」と表され、既成の表現法にとらわれず独自の方法と発想で制作された美術作品のことである。武蔵野アール・ブリュットは、市民協働によって作り上げるアート展。武蔵野市にゆかりある人たちが出

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る