東京都

GENKYO 横尾忠則  原郷から幻境へ、そして現況は?(東京展)

日本を代表するの現代美術家の一人、横尾忠則(1936~)の大規模な個展。
絵画を中心に初期のグラフィック・ワークを加えた豊富な作品によって、その芸術の全貌を明らかにする。横尾は、すべての人間の魂のふるさと「原郷」から汲み上げた、豊かで奔放なイメージの世界「幻境」を、数多の独創的な絵画に描き出してきた。本展は、そうした横尾の「現況」にも触れる好機となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る