奈良県

旅の美術

本展では、同館所蔵の中から旅にまつわる作品を紹介する。旅人の姿は、「伊勢物語」の主人公を筆頭にいくつも絵画化されてきた。物語の場面を描いた作品では、住み慣れた土地を離れている寂しさや、日常では見かけられない事物を目にする喜びなど、私たちも身に覚えのある感情が表されていて共感を誘う。
旅を想起させる美術品を眺める楽しみのひとつは、この場を離れなくとも旅の情緒を味わえることだろう。昔の旅人たちに思いを馳せつつ、旅をするような気持ちで楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

企画展「顔は宇宙だ。」

顔は宇宙であり、眼は交流の穴である。 そう考える岡本太郎にとって、顔は特別なモチーフであった。実際どの作品を見ても、そこにはかならず顔があり、眼がある。 太郎が描いたのが“宇宙”であり、“いのち”だったからである。画面い

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る