奈良県

特別展 ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡

芸術家、詩人、作家、思想家、社会運動家など、多彩な分野で活躍したウィリアム・モリス(1834~1896)は、19世紀のイギリスを代表する偉人として知られている。モダン・デザインの父とも称され、芸術と生活の統一を目指してモダン・デザインを提唱したアーツ・アンド・クラフツ運動を先導した。
本展では、これまで顧みられることのなかったモリスの幼少期や学生時代にはじまり、晩年に至るまで、デザイナーとしてのモリスの生涯を紐解く。モリスの制作活動は「住まい」「学び」「働いた場所」など、その時々の環境と深いつながりをもった。本展ではモリス自身および彼の仲間たちによるデザイン・工芸作品80点に、写真家・織作峰子氏が撮影したモリスにちなむ風景を組み合わせ、そのデザインの軌跡をたどる。

開催概要

直前の記事

ポーラ美術館コレクション展 モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで(大阪展)

2002年9月、箱根・仙石原に開館したポーラ美術館のコレクションは、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、彫刻、東洋陶磁、日本の近現代陶芸、ガラス工芸、化粧道具など多岐にわたり、総数は約1万点におよぶ。 本展はポーラ美術館

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る