東京都

三菱創業150周年記念 三菱の至宝展

公式サイト

本展では、三菱創業の初代岩崎彌太郎から小彌太に至る岩崎家4代社長が芸術文化の研究・発展を通じて行った社会貢献の歴史をたどりつつ、静嘉堂、東洋文庫所蔵
の国宝12点、重要文化財31点を含む美術工芸品、古典籍などに三菱経済研究所の所蔵作品をあわせた貴重な作品群100点余りを一挙公開する。

【プレビュー】近代日本の社会貢献の象徴 「三菱の至宝展」 国宝12点が集結 三菱一号館美術館で6月30日開幕

開催概要

直前の記事

柳原義達 展(栃木展)

戦後日本の彫刻界に大きな足跡を残した柳原義達の作品を三重県立美術館のコレクションから構成する。柳原義達は戦前からロダン、ブールデルの影響で彫刻制作を始め、戦後1953年には渡仏し、新たな具象彫刻を展開していった。その緊張

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る