山口県

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート(山口展)

公式サイト

イギリスには世界遺産にもなっている世界最大級の王立植物園、キューガーデンがある。そのはじまりは、1759年に国王ジョージ3世の母親であるオーガスタ皇太子妃が始めた9エーカーの庭であった。そしてジョージ3世とシャーロット王妃の時代にはその規模を飛躍的に広げた。
キューガーデンは20万点を越えるボタニカルアートのコレクションを収蔵している。ボタニカルアートは、薬草の研究に端を発し、植物を科学的な視点から描いたものですが、長い歴史の中で芸術性を見出され人々に親しまれるようになった。
本展では、キューガーデンのコレクションを中心に18世紀から19世紀初めのボタニカルアート約100点を展示。また、王妃に見出された王室御用達ウェッジウッド社の陶磁器「クイーンズウェア」や家具など約30点もあわせて展示する。世界に先駆け近代化の道を歩んだ英国を芸術的な側面から紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る