東京都

浮世絵風景画―広重・清親・巴水 三世代の眼―

江戸の歌川広重(1797~1858)、明治の小林清親(1847~1915)、そして大正から昭和の川瀬巴水(1883~1957)――各時代に優れた風景版画を制作した三人の絵師・画家を紹介する。
江戸後期の浮世絵界では、旅や名所に対する関心の高まりを背景に「風景」が「美人」「役者」と並ぶ人気ジャンルとして大きく花開いた。その第一人者である広重は、四季豊かな日本の風土を数多くの「名所絵」に描き、後世の絵師たちに大きな影響を与えていく。その後、明治初期には清親が「光線画」と呼ばれる風景版画を発表。文明開化後の東京を繊細な光と影で表し、名所絵に新たな表現をもたらした。そして大正期、すでに浮世絵がその役目を終えたころ、伝統木版画の技術をよみがえらせた「新版画」の制作が開始される。その代表的な画家である巴水は、関東大震災前後の東京や旅先の景色を抒情的にとらえ、風景版画の系譜を継いでいった。
本展では、変わりゆく日本の風景を「三世代の眼」がどのようにみつめ表現してきたのか、その違いを対比しながら、時代を超えて響きあう風景観や抒情性に着目。どこか懐かしい、100年にわたる日本の風景を、旅するように堪能してほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る